原料「 アスパラギン酸 ( L-アスパラギン酸ナトリウム ) 」に関する基本情報と、取り扱い会社一覧

「 アスパラギン酸 ( L-アスパラギン酸ナトリウム ) 」取り扱い会社 一覧

【条件を決めて絞り込む】

新しい条件を追加したい場合はこちらからご要望ください。

種類
アスパラギン酸ナトリウム
2 件     
  株式会社サンクト  [商品名:L-アスパラギン酸ナトリウム]

特徴・取引条件など

食品添加物公定書規格。乾燥物換算でL-アスパラギン酸ナトリウムを98.0 %以上含む、無~白色の柱状結晶又は白色の結晶性の粉末(原産国:中国)。

詳細情報

会社概要

株式会社サンクト
〒135-0007 東京都江東区新大橋3-5-1
ホームページ

03-5624-1688


  株式会社タイショーテクノス  [商品名:L-アスパラギン酸ナトリウム]

特徴・取引条件など

無~白色の柱状結晶又は白色粉末で、調味料や栄養強化剤に応用されている。ナトリウム塩にすることで溶解性が高く幅広い用途で使用可能。

詳細情報

会社概要

株式会社タイショーテクノス
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町36番2号
ホームページ

03-3808-1441


絞り込み条件ランキング

1位
種類:アスパラギン酸ナトリウム


基本情報

【概要】

[和名]アスパラギン酸 [英]Aspartic acid(略号Asp) 
非必須アミノ酸のひとつ。食品添加物。L-アスパラギン酸は既存添加物で、L-アスパラギン酸ナトリウムは指定添加物。食品には安定性・溶解度の高さからL-アスパラギン酸ナトリウムを使用することが一般的。

【食品データ】

■特徴:アスパラガスに多く含まれるため、名前の由来となる。体内でTCP回路の近くに位置するアミノ酸で、窒素やエネルギー代謝に関係する。中枢神経系の興奮性神経伝達物質として脳に存在する。アミノ酸系の神経伝達物質は、他にグルタミン酸γ-アミノ酪酸(GABA)グリシンなどがある。旨味成分としてアスパラガスや肉類などにも含まれる。ヒトのタンパク質を構成するアミノ酸は一般的にL型だが、紫外線などの影響でD型に変化し、これが老化の原因となっていることが報告されている。
■目安量:米国の前世代、男女併せて6.5g/日
■効能効果:抗疲労、美容・美肌、利尿作用、老廃物(アンモニアなど)排出、肝機能、脳、
■用途:
■規格:

 

【業界データ】

■団体:
■市場規模:
■価格相場:
■シェア:

【おすすめリンク】

■サイト:
■動画:
■記事:
アミノ酸を含有する健康食品の取り扱いについて(1990/3/31厚生労働省)
■ブログ:


ニュース

2019/02/14 13:33
食品添加物公定書規格。乾燥物換算でL-アスパラギン酸ナトリウムを98.0 %以上含む、無~白色の柱状結晶又は白色の結晶性の粉末(原産国:中国)。
投稿者: (株)サンクト

もっと見る


このページのトップへ