原料「 山伏茸 」に関する基本情報と、取り扱い会社一覧

「 山伏茸 」取り扱い会社 一覧

【条件を決めて絞り込む】

新しい条件を追加したい場合はこちらからご要望ください。

差別化
安さ
原産国(最終加工国)
日本
安全性試験
残留農薬
急性毒性
有効性試験
12 件     
  ロングライフ  [商品名:乳酸菌発酵やまぶし茸粉末]

特徴・取引条件など

やまぶし茸を主原料とし乳酸菌(Lactobacillus delbruecki subsp. Bulgaricus、Strptococcus thermophilus等)で乳酸菌発酵した粉末製品です。

詳細情報

会社概要

ロングライフ
〒406-0021 山梨県笛吹市石和町松本92
ホームページ

055-243-0285


  チハヤ株式会社  [商品名:山伏茸]

特徴・取引条件など

子実体エキス末 中国産 40メッシュオールスルー

詳細情報

会社概要

チハヤ株式会社
〒760-0018 香川県高松市天神前10-10
ホームページ

087-8313-6361


  チハヤ株式会社  [商品名:山伏茸]

特徴・取引条件など

子実体滅菌末 日本産・中国産 80メッシュオールスルー

詳細情報

会社概要

チハヤ株式会社
〒760-0018 香川県高松市天神前10-10
ホームページ

087-8313-6361


  チハヤ株式会社  [商品名:山伏茸]

特徴・取引条件など

子実体刻み 中国産 5mm角

詳細情報

会社概要

チハヤ株式会社
〒760-0018 香川県高松市天神前10-10
ホームページ

087-8313-6361


  チハヤ株式会社  [商品名:山伏茸]

特徴・取引条件など

子実体 中国産 乾燥自然体

詳細情報

  商品案内
    製品案内

会社概要

チハヤ株式会社
〒760-0018 香川県高松市天神前10-10
ホームページ

087-8313-6361


  株式会社サン・メディカ  [商品名:アミセノン]

特徴・取引条件など

ヤマブシタケから抽出した活性物質アミロバンとヘリセノン類を定量化し、それぞれ含有量を保証しています。アミロバン 6.0%、ヘリセノン類 0.5%含有保証

詳細情報

  商品案内
    ご案内

会社概要

株式会社サン・メディカ
〒108-0074 東京都港区高輪2-16-45
ホームページ

03-5447-5221


  株式会社最上まいたけ  [商品名:山伏茸パウダー]

特徴・取引条件など

山形県内で採取した天然山伏茸を自社培養し、生産しています。 その山伏茸を乾燥・パウダーにしました。 10年以上サプリメント原料としての利用実績 有。

詳細情報

会社概要

株式会社最上まいたけ
〒999-5205 山形県最上郡鮭川村中渡82
ホームページ

0233-55-2071


  パワフル健康食品株式会社  [商品名:ヤマブシタケ]

特徴・取引条件など

久保産業社製

詳細情報

会社概要

パワフル健康食品株式会社
〒380-0935 長野県上水内郡信濃町平岡215-1
ホームページ

026-226-3155


  ホクト株式会社  [商品名:ヤマブシタケ]

特徴・取引条件など

・国内最大級の栽培工場 ・安全性試験を多数保有 ・工場見学可能 (時期により見学できるきのこが異なります)

詳細情報

会社概要

ホクト株式会社
〒381-2205 長野県長野市青木島町大塚300-1
ホームページ

026-286-6633


  株式会社坂本バイオ  [商品名:ヤマブシタケ]

特徴・取引条件など

・無農薬栽培品。 ・殺菌・粉砕加工は日本で実施。

詳細情報

会社概要

株式会社坂本バイオ
〒010-1233 秋田県秋田市雄和女米木字高麓沢25
ホームページ

018-886-3001


  たるほ産業株式会社  [商品名:ヤマブシダケ]

特徴・取引条件など

詳細情報

会社概要

たるほ産業株式会社
〒769-0101 香川県高松市国分寺町新居3657-8
ホームページ

087-874-9345


  株式会社日本ネイチャー&テクノロジー  [商品名:A・T・Eヤマブシタケパウダー]

特徴・取引条件など

宮崎県小林市産「ヤマブシタケ」使用。 有用成分を多く含むヤマブシタケを、酵素による」「特許製法」で分解溶出。 キノコの細胞壁を分解しているため、β-D-グルカンなど体内で利用しやすくなっています。

詳細情報

会社概要

株式会社日本ネイチャー&テクノロジー
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-2-13
ホームページ

03-6913-2250


絞り込み条件ランキング

1位
原産国(最終加工国):日本
2位
安全性試験:残留農薬
3位
安全性試験:急性毒性
4位
差別化:安さ


基本情報

【概要】

ヤマブシダケ [英] [学名]Hericium erinaceus(Bul.:Fr.) Pers. さんごはりたけ科[サンゴハリタケ属]
ベニタケ目ハリタケ科ヤマブシタケ属の菌類

【食品データ】

■特徴:
■有効成分:ヘリセノン、D-トレイトール(D-threitol)、D-アラビニトール(D-arabinitol)、パルミチン酸
■目安量:
■効能効果:
■用途:
■規格:

【業界データ】

■団体:
■市場規模:
■価格相場:
■シェア:
■学者/ドクター/権威/著名人

【おすすめリンク】

■サイト:
■動画:
■記事:
■ブログ:


ニュース

2018/12/10 18:49
乳酸菌発酵やまぶし茸粉末ほか、主にきのこ類主原料とし、特定の乳酸菌(Lactobacillus delbruecki subsp. Bulgaricus、Strptococcus thermophilus等)で乳酸菌発酵した粉末製品を扱います。ぜひお問い合わせ下さい。
投稿者: ロングライフ
2018/07/17 08:16
きのこのホクトから、記憶サポートサプリ「記憶の素 極」発売:認知症ねっと
投稿者: 原料・受託バンク
2013/05/22 18:36
エリンギとヤマブシタケの腸管細胞に対する抗炎症作用に関するお知らせ
投稿者: ホクト(株)
2013/03/26 15:42
【絞り込み条件】に、安全性試験>急性毒性、残留農薬の2項目を追加致しました
投稿者: 原料・受託バンク
2013/03/26 15:12
データ・マックス健康情報:キノコが統合失調症治療対策に有効?
投稿者: 原料・受託バンク

もっと見る


このページのトップへ